March 5, 2019

序章

 自分が『人間』という種族に属していると、人はいつ認識するのだろうか。私にとってマダム以前は『人間』ではなかった。誰も私を人間扱いしなかった。年嵩の少年たちに教わった暮らしも、『食べる』『逃げる』『寝る』で構成されていて、衣服はボロの大人服を頭から被っただけ、穴を塞ぐ必要も下...

November 3, 2018

『とにかく霧がすごいんだよ、でもバーッと晴れるの!』

毎年この時期私をここに運ぶのは、同僚の君のそんな誘い文句から。バーカ、これは朝靄だ。遠くに滲む信号機。

茶畑の、断崖絶壁みたいな畝に入って初葉を摘む。最初の年は命綱!と叫んだけれど、入ってみれば茶の樹に挟まれて落ちようがない。靄が...

October 6, 2018

先生が慣れた手つきで皮を円く伸ばしていく。このために小さめの麺棒を2本買ったのだけど予想より大活躍。餡は3種類、ふたりしかいないけど、たくさん作って冷凍しておけばわたしのご飯になる。

元広東人のわたしと元東北人の先生が、協力して作るのはみんな大好き水餃子。先生が微かな鼻歌で拍子を取...

April 7, 2018

「さ、洗浄は済みました。転生してください」
「洗浄?」
「魂の糸ですよ。天のタペストリーに使うんです。あなたの糸玉はまだ小さいからどんどん人生重ねてください」
「なんかくすんだ色だな。……俺の人生そのものだ」
「何色だって必要ですから暗くてもいいんですよ、でもカラフルになりたいな...

March 3, 2018

彼女は日本人形とも西洋人形(ビスクドール)とも違う、「ドール」。艶々の黒髪に紫が施された黒い瞳。笑うと優しい光を浮かべる。彼女の隣に相応しくないあの子に。
移動教室で別れた瞬間を狙って腕を掴んだ。
「私といなよ。あなたに似合う喫茶店へ連れてってあげる」
彼女は眉をひそめ、低く言っ...

February 3, 2018

不完全な言葉で正解を求める両親からやっと逃れたのに、次はあたしが君を試す。好き? 一緒にいて楽しい? 今なに考えてるの? なんで怒ってるかわかる?

ねえ

なんでできないの

彼氏なら当然でしょ

どうしてわからないの

「かよちゃん」

二の腕を齧る手を握られる。

「わかるよ、でも俺も嫌だ」

嫌。こんな...

January 2, 2018

私鉄の小さな駅に向かう通勤途中のペットショップには、50万円の札がついたボストン・テリアがいるらしい。毎朝毎晩空のショーケースを横目に通り過ぎる。私が通る時間は中身が店の奥に引っ込められているのだ。ちびちゃい仔犬の、見えない姿。大きくなっても大きくならないほうがより高く売れるって...

April 1, 2017

 雨が降ってきた。
 俺は村から伸びる山道を、そしてその道を覆い隠す山の木々を見あげた。これは大丈夫。農作業の手を止め山を眺める俺を、妻(さい)が覗うのを背中に感じる。それを無視して鍬を振り上げる。妻の視線も逸れた。

 この村の男はみな、なにがしかの鳥になる。人の器で生まれるも、無...

April 1, 2017

「ようこそスヴェーリエへ」

微笑みながら現れた少女2人は首を傾げた。

「お婆ちゃんに変装?」

「日本人観光客にばれると面倒なの」

「じゃあ私たち『日本から来た祖母を案内する孫』ね」

「双子の孫のふり?」

「あたしは見た目通りだけどね。あっちは」

「私は同世代よお祖母様。さ、王立公園へ向かうわ。...

February 14, 2017

 デンマークを除いたスカンディナヴィア、そしてスオミ、ラスィーヤの白海付近が私たちの持ち場。大陸と隔てる「おそらく」境界線。広いけれど人口は少ない。魔女も少ない。スカンの《魔女》は長らく21から11に減らしている。12にも満たない。
 私は主にスヴェーリエ。ノルゲは先生が担当して...

Please reload

試し読み

September 13, 2016

August 30, 2015

August 31, 2014

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now